薄毛から発毛させる植毛治療とは

AGA(男性型脱毛症)は、思春期を過ぎたころから脱毛が始まる脱毛症の1種です。脱毛するのは額の生え際、つむじ周辺などで後頭部や側頭部の頭髪は脱毛の症状はでません。



AGAの治療には内服薬を使用する内科的治療と植毛などの外科的治療があり、治療薬を服用して満足な効果が得られない、体調が悪く薄毛治療薬を飲むことができないという方には植毛治療を行います。


植毛は、自分の後頭部や側頭部の髪を薄毛部分に移植する外科手術です。

移植された部分に髪が定着すれば自然に自分の髪が発毛してきます。



かつらや増毛は定期的なメンテナンスが必要になりますが、植毛した髪は自分の髪なのでメンテナスの必要はなく副作用の心配もありません。



植毛の手術方法にはメスを使うFUT法とメスを使わないFUE法に大きく分けることができます。
FUT法はメスで後頭部の髪を皮膚ごと帯状に切り取り薄毛部分に植え付けていく方法です。

後頭部にメスを入れるので傷跡が多少残りますが時間の経過によって目立たなくなります。
手術費はFUE法よりも低額なので治療費の安さを優先する方に選ばれています。

FUE法はメスを使わずに直径1mm以下のチューブ状パンチで後頭部の髪を毛根ごと吸い取って採取し移植する方法です。

メスを使わないので後頭部に傷跡が残る心配がないので人気がある治療方法です。

FUE法はメスで切らないので縫合する時間を省くことができ短時間で治療は終了し日帰り治療が可能となっています。