薄毛対策として自毛植毛を

category01

抜け毛が増加することで、髪の毛のボリュームが徐々になくなり薄毛に悩む方も増えています。



高齢な方以外でも、生活習慣の乱れや日頃のストレスなどにより薄毛になることもあり、また、紫外線による頭皮へのダメージや頭皮環境の悪化、洗髪のしすぎなどさまざまな原因が考えられます。このような原因の場合には、年齢はあまり関係なく、若い世代であっても薄毛になる傾向があります。対策をするならば、原因となるものを改善していくことは重要です。薄毛の進行をある程度食い止めると言う意味では、原因を改善していくことは大切ですが、それ以外にも、薄毛が進行している状態の見た目に対しても対策をする必要があります。



薄毛対策の一つとして自毛植毛という方法があります。


増毛などの場合には、人工毛を利用しますが、自毛植毛の場合には、自分の毛根を利用した方法です。


後頭部などは比較的薄毛になりにくいため、薄毛が前頭部や頭頂部から進行していく状態が主な薄毛の進行の仕方といえます。
そのため、自分の後頭部の毛根を薄毛になっている部分に移すこと、そして頭皮に定着させることで自分の髪の毛を生やすということが自毛植毛です。

自分の髪の毛が定着した部分から生えてくるため、生え揃うことで見た目の改善にはつながりますが、髪の毛が成長するまでにそれなりに時間がかかります。



そのため、すぐに見た目の改善とはいきませんが、生え揃うことで自然な髪の毛として周囲からは薄毛が目立ちにくい状態にすることができます。

身に付けよう

category02

髪の毛が薄くなっていることが悩みで、AGA治療薬を処方してもらって、服用を続けていても充分な効果を得ることができないという人は、自毛植毛手術を受けることを検討するのも良い方法の一つとなります。自毛植毛手術は、髪の毛が、まだ生えている、側頭部や後頭部の耳の後ろの部分など、手術の跡が目立たないような部分の頭皮を毛穴ごと切り取り、植え込みやすいように、毛穴ごとに切り分けてから、髪の毛が薄くなっている部分に植え込むというものになります。...

subpage

人に言いたい医療

category02

AGA(男性型脱毛症)は、思春期を過ぎたころから脱毛が始まる脱毛症の1種です。脱毛するのは額の生え際、つむじ周辺などで後頭部や側頭部の頭髪は脱毛の症状はでません。...

subpage

医療をもっと知る

category03

植毛は外科手術の一種になります。前もってある程度の知識をつけておいてから、クリニックにいるお医者さんの説明を受けると、イメージしやすくなり、自分にとって植毛手術を受けることが良いことなのかどうかについて判断する材料になります。...

subpage

学びたい知識

category04

成人男性にとって悩ましい薄毛症状は、発症してそのまま放置しておくとその分だけ改善の見込みが減少します。頭髪が抜け落ちると次の頭髪が生え変わるまでの期間が徐々に長引き、毛包も次第に縮小し、最終的には小さくなって消滅してしまいます。...

subpage